ブロック 練習方法 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ブロックの練習方法

バレーボールのブロックで、吸い込みやタッチネットなどを良くしてしまうといことはありませんか?
このような原因として考えれるのは、ブロックの正しいフォームが出来ていない為に手を出す位置がネットに近すぎたり、離れすぎて安定していないからです。

 

 

また、シャットアウトする瞬間に体全体を締める技術を習得していないこともあるでしょう。
そもそも正しいフォーム作りは、ブロックの練習の基本とも言えるので、まずはネットをブロッカーの身長の高さくらいに下げて練習をすると良いですね。

 

 

そんなブロックの練習方法のやり方は、スパイカーは机などを台にして、自分で上げたトスをブロッカーの両腕に当てるように打ち、ブロックする選手は、トスをされているボールを見るようにするのではなく、スパイクを打つ選手のスイングや視線を見てフォームを作るようにします。

 

 

フォームは、相手の正面を向いて立ち、顎を締めて両腕を両耳に触れるくらいの角度でネットに出すような形を作ると良いと思います。
そして、どのような時にスパイクをシャットアウト出来たかをチエックします。

 

 

また、スパイクを打った瞬間は、目をつぶらないようにして、スパイカーがどこを見て打とうとしているかなど、情報を得るようにしましょう。
更に、ブロックのフォームで大切な技術のひとつに腕の締めがあります。

 

 

ブロックの直前までは体全体をリラックスさせ、腕に当ててシャットアウトする瞬間に全身を締めるようにします。
特に肩をグッとつき上げるようにし、腕を振ったり手首ではたくような動作はしないようにしましょう。
はたくように動かしたりすると、タイミングが早すぎた場合には、指にまともにボールを受けるようになってしまい、突き指などの原因になってしまうからです。

 

 

そして、ネットが低い状態である程度ブロックが出来るようになってきたら、コースを打ち分けてもらい、少しずつネットも高くして、ジャンプを加えながらブロックの練習をしていくようにしましょう。

 

 

少年から社会人、ママさんまで、実践すれば飛躍的に上達するバレーボール上達DVD!

初心者からでも短期間で上達する豊富な練習メニューが紹介してあります。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる