サーブのトス 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

サーブのトスを安定させる練習

サーブを上手く打つことが出来ていますか?
サーブは、エンドライン後方から相手コートに直接打ち込むプレーですが、サーブの正確性を高める為には、トスを安定させることが一番ですね。

 

 

当然、人によって打ちやすいポイントは違ってくるので、自分にとって最も打ちやすいところを探し、常に同じところへ上げられるようにすることが大切です。
そんな自分にとって打ちやすいサーブのトスを安定させる練習としては、自分の打とうとするサーブの正しいフォームで構え、色々なトスを上げてみることです。

 

 

例えば、フローターサーブのトスは体の正面になり、一歩足を踏み出したあたりになるので、トスをそのまま落として落下したボールの位置で、トスのブレを確認するようにすると良いでしょう。

 

 

また、トスを上げる際には、上体がぶれてしまっていると目線もずれてしまうのでフォームを安定させて、自分の一番やりやすいトスを探しましょう。
これなら体育館以外の自宅の庭先などでも出来る練習なので、サーブが安定して打てない方は自主練習として最適ですね。

 

 

また、サーブの中でも特にジャンプサーブは、トスの善し悪しで決まると言ってもいいくらいです。
当然トスを高く上げればぶれやすくなってくるので、それだけ安定して打つのが難しくなります。

 

 

その為、ひとつのやり方としては、まずは低めのトスでタイミングを合わせて、ボールのミートポイント掴んでから、徐々にトスの高さを上げていくというのも良いかもしれませんね。

 

 

練習方法としては、2人一組になって、1人が助走する距離をとってスタートする位置を決め、、もう一人のエンドライン立つ相手に向かってトスを投げあげ、それと同時に助走してタイミングを測るようにし、トスをキャッチした位置で距離感を確認するようにします。

 

 

この時には、自分のジャンプに合ったボールの高さと助走の距離を測りながら繰り返し、トスの位置が決まったら同じところに常に上げられるように繰り返し練習しましょう。

 

 

日頃の指導や基礎練習メニューでお悩みの方必見!

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる