1人時間差スパイク やり方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

1人時間差スパイクのやり方

1人時間差スパイクが出来ますか?
セッターに最も近いところで、低くて速いトスを打つAクイックに飛ぶとみせかけて、タイミングをずらしてスパイクを打つのが1人時間差ですね。

 

 

状況によっては相手ブロックをかわすのには有効なスパイクになるので、やり方をマスターしておくと良いです。
そんな1人時間差スパイクのやり方は、Aクイックのタイミングで助走に入り、少し手前で踏み込んでジャンプするふりをして、目の前にいる相手ブロッカーのタイミングを1テンポほどずらして、その場でジャンプしてスパイクを打ちます。

 

 

ただ、クイックを打つと見せかけて、一旦踏み込むようになるので、助走のないジャンプになるので高い位置からスパイクを打つことが出来ません。
その為、1人時間差スパイクを成功させるには、確実にブロッカーのタイミングを外して打つことです。

 

 

更に、その場でジャンプする以外にも、入った場所から1ステップほど移動して打つようにするなど、色々工夫をしてみると良いでしょう。

 

 

なお、セッターは相手にAクイックのトスを上げているように思わせる必要があるので、通常よりはやや高めにトスを上げるようにしましょう。
どちらにしても1人時間差は、スパイカーにもセッターにとってもタイミングをとるのが難しいので、しっかり練習をしてコンビネーションを良くすることが大切です。

 

 

限られた時間で最大の効果を発揮する練習方法をお教えします!

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる