ダイレクトスパイク 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ダイレクトスパイクで相手の隙をつく

ダイレクトスパイクは、レシーブなどが乱れ、相手側からそのまま返ってきたボールを、前衛のスパイカーが直接相手コートに打ち込むスパイクですね。

 

 

この攻撃は、敵陣営のレシーブのが乱れを見極めて、相手の準備が整わないうちに打つのが効果的です。レシーブしてトスという工程を省いているので時間をかけずに得点を取れますが、既に相手がレシーブ体勢が整っていると簡単に取られてしまいます。

 

 

その為にも、前衛にいる選手は、相手の攻撃に備えてブロックに入る準備をするだけではなく、いっでもすぐにディフェンスからオフェンスに切り替えられるように準備しておくことが大切です。

 

 

また、ラリー中などでのトスミスもダイレクトスパイクで得点をとれるチャンスボールになりやすく、相手コートの中を見て効果的に意表をつくようにします。

 

 

ですが、まだ相手のコート内にあるボールを打ってしまわないように気をつける必要があります。
したがって、通常のスパイクよりも打つタイミングが多少遅れるので、下半身で体にタメを作って打つようにします。

 

 

ダイレクトスパイクは、このようにとっさの判断、そして瞬発力も必要になってくるので、この練習をすることはスパイクの上達の近道とも言われるので、普段の練習でも積極的に取り入れていくと良いですね。

 

 

なお、ボールをジャストミートできないなど上手く決まらない時は、フォームが崩れて打つ姿勢が悪くなっている場合が多いので、自分で確認して修正するようにしましょう。

 

 

自己修正して上達していける知識とコツが学べます!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる