バックアタックのコツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

バックアタックのコツ

バックアタックが上手く出来ますか?

 

 

バックアタックは、バックゾーンから後衛の選手が打つスパイクですね。ですがパワーがないと距離が長いために打ち込むのが難しい攻撃ですが、バックアタックを打てる選手がいるだけで敵にとっては脅威になります。身長がありパワーのある選手に向いている攻撃です。

 

 

また、アタックラインを踏み越してはいけないことから、ラインを見ないでもスパイクを打てるようになる必要があります。その為、打つ瞬間に踏み越さない感覚を体に覚え込ませておくことが必要になり、助走のスタート位置からの距離やジャンプまでの踏み込みまでの感覚を、練習を重ねて身につけるようにすることが大切です。

 

 

ジャンプは、踏みきり位置から着地点まで距離が長いブロードジャンプをします。そして、ジャンピングサーブの要領で助走からスパイクまで行います。

 

 

バックアタックは速攻など相手の意表をついて速く打つ場合と、オープンスパイクのようにゆっくりと力強く打つ場合があり、どちらにしても決まれば相手に与える精神的ダメージも大きくなります。
このように速い攻めと、遅い攻めを場面ごとに上手く使い分けられるようにすると良いですね。

 

 

更にバックアタックで効果的なのは、センターがクイックのおとりになってジャンプして、その後ろから打つと効果的です。これは一種の時間差攻撃のようになり、相手のブロックやレシーブを混乱させることが出来ます。

 

 

ですが、アタッカーによってトスの高さが違ってくるため、良い打点で打てるように高さや長さなどのトスをどのように上げて欲しいのかをセッターに事前に伝えて、セッターとの呼吸を合わせるようにすることが何より大切です。
あなたも豪快なバックアタックで、試合の流れを引き寄せられるアタッカーになりましょう。

 

 

初心者から全国のトップレベルの選手まで5,183人の指導実績!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる