ネット際のスパイク 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ネット際のスパイク

ニアネット、いわゆるネット際でのトスを上手くスパイク出来ていますか?

 

 

ニアネットのボールを打つ時にもっとも気をつけたいのがタッチネットですね。通常のスパイクと同じように腕を振って打ってしまうと、ネットが近い分タッチネットになりやすいものです。

 

 

上手くネット際のスパイクを打つには、肘を伸ばして出来るだけ高い位置で打つことや、腕を振りきらずに手首のスナップを使って最も高いところで打つことが上手く打つ為のポイントです。

 

 

右利きなら右肩と左股関節の結んだ延長線上でボールをとらえると体幹もスムーズに使えます。逆に肘が曲がってしまうと肩にも力が入り、上手く体幹も使えず強いボールが打てなかったりします。

 

 

より高い位置で打つことを意識することが体幹を使うことにもなり、スナップを効かせることでネット際のスパイクのミスを減らすことが出来ます。
そして、ボールの芯をしっかり叩き、手打ちにならないように気をつけましょう。

 

 

この斎藤利さんの【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法DVDでは、ネットに引っかからない肘の使い方を解説します。狙ったところに確実に決めるスパイクの練習方法からネットから離れたトスを打つと、ネットにかけてしまう解消法、スパイク時に腕がかぶってしまう修正方法など、出来ない原因とそれに対する対処法が示されています。

 

時間がない社会人やママさん、バレー未経験の指導者でも上達できる方法!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる