小柄な選手のスパイクのコツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

小柄な選手のスパイクのコツ

バレーボールでスパイクを決めるには、大きい選手が有利ですね。
ですが小柄な選手でもスパイクを決めるコツがあります。

 

 

仮に、最初のレシーブを自分がしない場合のオープンスパイクだと、まず、セッターがしっかりセットアップ出来ているか、それとも崩れているのかなどセッターにどのようにボールが入るのかを見ます。

 

 

そして、もっとも使われるサイドライン側にボールを高く上げるオープントスの場合は、助走はボールをよく見て、ためてゆっくりスタートし素早く入るのが基本です。

 

 

腕のバックスイングや助走をフルに生かして高くジャンプをし、自分の一番力の入るところで、ボールをとらえるようにします。

 

 

この時に注意したいのは、左腕が下がってしまうと、ボールを打つ右手の打点も下がってしまうので、ボールに左手を添えるイメージで上げ、打つ時に左手を体に巻きもむようにし、全体重をボールに乗せる感覚で打つようにすると良いです。

 

 

そして、小柄な小さい選手がスパイクで決定力をつけるには、ブロッカーとの駆け引きが必要です。
正面のブロッカーは、ジャンプしていても、センターは遅れることも良くありますので、揃う前に打ちます。

 

 

また、ブロックがしっかりしている場合は、クロスを逆に抜いたり、ブロックアウトやフェイントを狙ったりと駆け引きなど上手さで勝負します。
このような相手から嫌がられる選手になれるようなプレーをすることが、小柄な選手がスパイクの決定力を高めるコツと言えるでしょう。

 

 

スパイクが上達する練習の極意を伝授!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる