スパイクの練習法 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

スパイクの練習法

バレーボール初心者の方やスパイクが上手く出来ない方の多くは、ジャンプをしてボールを捕える位置が安定しておらずバラバラであることが多いものです。

 

 

落ちてくるボールのタイミングが上手く取れない場合が多いので、まず、ボールの下に入るタイミングを掴むことが大切です。

 

 

スパイクの練習法としては、トスをしてもらい高い位置でボールをキャッチする練習をすると良いです。
助走をして、トスを高い位置でジャンプして両手で掴みとります。

 

 

この練習を繰り返すことで、ボールの下に入るタイミングがつかめます。
また、自分にとって適したフォームを身につけることが、100%の力でスパイクを打てるようになるためには大切です。

 

 

フォーム作りの練習としては、一人で出来る壁打ちが最適です。
壁の近いところから、床にワンバウンドさせて壁に跳ね返らせて、そのボールを打ちます。
これを続けて反復練習します。

 

 

毎回、同じ位置でとらえなければ、打ちやすいところにボールが跳ね返ってきません。
その為、同じフォームでボールをとらえられるように練習しましょう。

 

 

スパイクが上達する練習の極意を伝授!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる