オープンスパイク 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

オープンスパイク

スパイクは自分の狙ったところに打てることが一番大切ですね。
そして、オープンスパイクは、瞬発力を生かし体を精一杯使っててボールにぶつけ力強く打つことが重要です。

 

 

オープンスパイクのやり方としては、セッターが上げたトスを良く見ながら助走をし、思い切り両手を後ろに振り上げながら1、2、3、4のタイミングで3で踏込み、4のタイミングでジャンプします。(両膝を大きく曲げ体を沈み込ませるようにジャンプ)

 

 

この時に両手を体の前に真っ直ぐ振り上げます。(この両手を振り上げるスイングがジャンプ力を大きくするポイント) そして、振り上げた左腕は上の位置にしたまま、胸を反らせながら右腕を大きく後ろに引き、スイングすると同時に左腕を体の前に引き込みます。(左腕を引き込むことで体の軸が安定します。)

 

 

そして、ボールを打つ時は、一番ジャンプの高い打点で右ひじを伸ばし打ちます。
なお、スパイクを打つ為の助走は、相手ブロッカーを確認する為にやや外側から回り込むようにします。

 

 

【オープンスパイクが上達するポイント】
・ボールをいっも同じ頭上の位置で捉えられるように、同じジャンプが出来るようにする。
・自分の持っているパワーを最大限発揮できるフォーム(体の使い方)を身につける。

 

【ドライブか無回転か】
スパイクは手のひらをボールの上から被せるようにミートしますが、この時に手首にのスナップを効かせればドライブ回転がかかり落ちるボールになります。
スナップを使わなければ無回転の真っ直ぐ飛ぶボールになりますので、相手の守備陣形などに応じて使い分けましょう。

 

 

ジャンプ力があっても、スパイクをしっかり打つ基本技術がなければ上達はしません。
まずは、しっかり基本をマスターしましょう。

 

 

スパイクは、壁打ちなら上手くできるけど、ジャンプするとミートできない人の解消法とは?
打つときにミートを良くするには、いくつかポイントがあります。
1、ボールの見方・位置関係 2、空中体制 3、タイミングです。
それぞれに、ついて具体的に練習方法の秘訣を解説してあるバレーボール上達DVD!

 

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる