サーブレシーブからの攻撃 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習

MENU

サーブレシーブからの攻撃

バレーボールにおいて、相手のサーブから始まるときは、サーブレシーブが攻撃の第一歩になりますね。
正確にセッターに返せるかどうかで、攻撃が成功すrか失敗するか分かれますから、チームとしてまず取り組むべきことだと思います。

 

サーブレシーブ

 

何より、6人制でも9人制のママさんバレーにおいてもラリーポイント制なので、サーブレシーブからの攻撃が決まれな確実に1点を取ることができ、チームの得点力の安定に繋がります。

 

 

しいては、負けないチームになることが出来ますからね。
逆にサーブレシーブが不安定だと連続失点に繋がることも多いので、チームとしては時間をかけて練習に取り組むことが重要になると思います。

 

 

特に最近はジャンプー系の威力のあるサーブを打ってくること多いので、それに対応する練習もしておくおくといいです。
例えば、反対側のコートのサーブを打つところに台や跳び箱などを置いて、その上から相手のジャンプサーブを想定して打ち、レシーバーはそれをレシーブします。

 

 

強いサーブが来ても、フォームを崩さないようにしてセッターへボールを返せるように練習てていくといいですね。

 

 

また、この時には6人制ならセッターを除く5人でサーブレシーブするのが基本になると思いますけど、さらにエースやクックを打つ選手も除き、4人で上手く出来るようにマスターしておけば、攻撃力がよりアップしてくるでしよう。

 

 

いずれにしても、まずは個々の選手がしっかりサーブレシーブ出来るようにしておくことが大切になると思うので、しっかり基本から身につけておくことが上達の近道になるかと思います。(^-^;