ワンハンドトス やり方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ワンハンドトスのやり方

ワンハンドトスは、ボールがネット際の高い位置に返ってきたときなどに、片手でトスを上げるテクニックですね。

 

 

片手で行う為にボールのコントロールが難しく、ジャンプしながら行う場合が殆どなので、ボールを掴むなどして動きを止めてしまうホールディングやタッチネットの反則を犯しやすいです。
特に低い位置でボールをとらえてから、ボールをコントロールしようとしてしまうと、ボールを持ちすぎてしまうようになるので注意しましょう。

 

 

そんなワンハンドトスのやり方は、まずは両手でトスが出来るかどうか見極め、無理のようならすぐにタイミングをはかってジャンプします。
そして、片手のトスは力が入らないので、必ずボールの下に手を持っていき、真上に右腕を伸ばします。

 

 

この時には、指を突き立てるように手を広げ、親指と小指にしっかり力を入れて、ボールの真下を突くような感じでボールをとらえると良いでしょう。
その際にはネットに触れないように気をつけて下さい。

 

 

また、セッターが前衛にいる場合など、チャンスがあればトスフェイントを行うのも良いですね。
レシーバーからのボールが乱れて、トスを上げるのが出来ない時や、相手の裏をかく時に、味方に上げると見せかけ、左手の肘を軽く曲げて相手がいないところを狙って、ボールを落とすようにすれば決まりやすいでしょう。

 

 

少年から社会人、ママさんまで、実践すれば飛躍的に上達するバレーボール上達DVD!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる