3枚ブロック コツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習

MENU

3枚ブロックのコツ

3枚ブロックが上手く出来ますか?
6人制はもちろん、9人制のママさんバレーでも3枚ブロックは良くみかけますが、ストレートに打たれたスパイクを上手く押さえることが出来ないという悩みも少なくないでしょう。

 

 

そもそも3人でブロックを行う時には、外側に近い選手が核になります
何故なら、外側の選手がストレートのコースを押さえる役割を果たすようになるからです。

 

 

相手スパイカーがストレートに打ってこようとしても、ブロックで止められてしまうと思わせる対応が出来ていれば、どうしてもスパイクを決めるのが難しいインナーコースに打たなければならなくなります。
そうなれば、スパイクの決定率も当然下がってきますよね。

 

 

その為、3枚ブロックのコツとしては、3人のジャンプのタイミングが合うように、外側の選手が声をかけて、その合図でジャンプのタイミングをはかるようにすると良いです。

 

 

例えば、相手がレフトから攻撃してくる場合には、コートの外側に近い選手がサイドステップ、残りの2人の選手はクロスステップでその方向に移動して、外側の選手の合図でジャンプして、3人の手の動きを合わせてブロックします。

 

 

この時には、真ん中の選手の動きが遅れてしまうと、3人目の動きも遅れるることから3人の間に隙間できてしまいますが、ネットから上の手を突き出すことだけはやって、壁が作れるようにすることが大切です。

 

 

どちらにしても、3人の手の高さが合っておらず、バラバラだとしっかり壁にならず、相手にスパイクを打ち抜かれてしまいます。
6本の腕と手でしっかり壁を作るには、真ん中の選手と3人目の選手が素早く動けることが大切になります。
なお、センターからのスパイクに対しては、三方から囲むように手を出すようにすると良いでしょう。

 

 

上達に行き詰まりを感じている方必見!

練習法、お悩みなどメールで何でも相談することが出来ます。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる