ブロック 体の使い方 コツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習

MENU

ブロックの体の使い方のコツ

ブロックはバレーボールの中でも難しい技術のひとつですね。
だからこそ、基本的な動きや体の使い方などをマスターすることが大事になります。

 

 

そんなブロックの体の使い方のコツとしては、アタッカーに対して正しい位置に移動して、真上にジャンプしなければいけないので、しっかり止まることがまず挙げられます。
そうすることで、床から力をもらうことが出来、高く真上にジャンプが出来るようになるのです。

 

 

左右など横に移動する時も、きちんとブレーキをかけて真上に跳ぶようにしましょう。
いくらサイドステップで横に素早く動いても、ステップした進行方向の足に重心が残り、体が流れながら斜めにジャンプしては、ブレーキをかけているとは言えません。

 

 

したがって、体の中心に対して重心の軸がずれないように心掛けましょう。
更に、真っ直ぐに跳んで元の位置に戻るようにする必要があります。

 

 

何故なら、これが左右に乱れたりするようんら、次の動作に移る前に体勢を修正したりしないといけなくなり、それだけ最初の動作が遅れてしまうからです。
着地が乱れるようなら、空中で体が流れてしまっていると言え、タッチネットなどにもなりやすいので、常にジャンプした位置に戻ることを意識すると良いです。

 

 

また、ジャンプした時の空中姿勢は背中を意識して、肩甲骨を持ち上げて長い時間相手コートに手を出し続けるようにしましょう。
ブロックは手だけでするのではなく、腕と繋がっている肩甲骨を前にしっかり出すことが大切なんですね。

 

 

実際に、普通に両手を上げるよりも、肩甲骨を持ち上げるようにしたほうが高さも出ますし、後ろの筋肉も硬くなって、ボールに押し負けることもなくなります。
いずれいしてもブロックは、バレーボール上級者でも難しい技術なので、それを磨けば直接得点は少なくても、相手の攻撃のリズムをくるわせゲームの流れに大きな影響を与えたりと、他のチームに差をつけることも出来るので、しっかり練習するようにしましょう。

 

 

不明な点、練習法、お悩みなど、何でもご相談をお受け致します。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる