変化球サーブ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

変化球サーブのコツ

変化球サーブが上手く打てますか?
フローターサーブのように無回転のボールを打つのが変化球サーブですね、

 

 

例えば、ドライブサーブの要領でスイングして、強く打ちながらボールの回転を抑えるように打つと、フローターサーブよりもスピードがあって球足が長く、落ち際に予想しにくい変化させるサーブが打てます。

 

 

そんな変化球サーブの打ち方は、ネットに直角になってボールを持った手を真上にあげてドライブサーブと同じように構えます。
トスは頭の上に置くように押し上げて、左へ体を回しながら腕を振りスイングを始めます。

 

 

この時には、右肩を基点にして、腕を大きく振り出して右肩の真上でボールをミートします。
そして、スイングは最後まで振り抜かず、途中で止めて体全体でボールを押し出すように打ちます。

 

 

打った後のフォロースルを小さくすることが、ボールの回転を抑えるポイントです。
更に手のひら全体で打ってしまうと、ボールに回転がつきやすいので、手首をそらして、手のひらの付け根でボールをミートすることがボール無回転にさせるコツです。

 

 

ミートの瞬間に手の動きを止めれば速く落ちますし、ボールの中心のやや下を手のひらの付け根で打って逆回転をつければ、浮くようなボールになって落ち際に不規則な変化をするようになります。
このように自分なりに打ち方を少し工夫をすれば、微妙な変化をつけることもでき、サーブのバリエーションも増えますね。

 

 

なお、サーブの狙うコースは、スピードや変化球などの持ち球の球種によって違ってきますが、共通して言えるのはポジションの間にできた空いているスペースやレシーブの苦手な選手を狙うことです。
スペースを狙う場合は、隣接する2人ないしは3人の守備範囲の継ぎ目を狙い、相手の連携ミスを誘うようにすると良いでしょう。

 

 

この斎藤利さんの【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法DVDでは、サーブをただコートにいれるだけでなく、戦術を身につければ強いサーブを打たなくても相手を崩すことが可能です。具体的に、どんな選手を狙うかまで教えます。

 

相手に簡単にレシーブされない嫌がられるサーブの習得法とは?

DVDを御覧・実践になって不明な点、練習法、お悩みなど、ご相談をお受けいたします。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる