ジャンプトスの仕方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ジャンプトスの仕方

ジャンプトスは自らレシーブを迎えに行って、ジャンプしてしてトスを上げるものですね。
跳んでいる間にトスを上げるので、クイックスパイクなどで良く使われ、ジャンプとボールをトスするタイミングに変化を与えることで、相手ブロックを惑わせることが出来るので、上手く出来ると攻撃力のアップに繋がります。

 

 

このジャンプトスの仕方は、出来るだけ高い位置でボールを捉えることがコツで、その為には下半身のバネを使って両足で踏み切ります。
この時に、ボールの真下に入ってジャンプするとコントロールしやすくなりますし、高く捉えたボールを肘と手首で柔らかく使って、トスのタイミングを変化させます。

 

 

また、トスの長さは肘と手首のバネを使って調整するので、長いトスを送る時には、ボールを額につけるくらい気持ちで肘を深く曲げ、強くボールを引きつけて行います。

 

 

その他にも、レシーブが乱れてネットを越えそうになった時は、ボールを落ちてくるのを待っていたら相手にダイレクトにスパイクを打てれてしまうので、そうした場合にもジャンプトスを使い確実にアタッカーに送ると良いですね。

 

 

レシーブしたボールがネットぎりぎりに落ちくる時には、無理に下に入りこんでオーバーハンドで上げると、手がネットの白帯にあたり、タッチネットになってしまう可能性もあります。

 

 

その為、ネット付近のボールに対しては、そのまま待ってアンダーハンドパスに切り替えてトスを上げるよりも、自らジャンプしてボールを迎えに行った方が、トスをアタッカーに送りやすいです。
したがって、レシーブが乱れたら思い切ってジャンプトスをすると良いでしょう。

 

 

バレーボールの上達や指導法でお困りの方は何でもご相談下さい。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる