ネットプレー 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ネットプレーのコツ

ネットプレーが上手く出来ていますか?
レシーブの時に、ボールを上手くコントロールが出来ずに、直接ネットに当たってしまうことがありますね。

 

 

ネットプレーは、それほど高度な技術が求められるプレーではなく、ボールのネットの当たり方で、ある程度はどのように跳ね返ってくるのかおおよそ予測することが出来るので、慌てずにアンダーハンドパスで処理するようにしましょう。
そうすることで、単にボールを繋ぐだけではなく、有効な攻撃を仕掛けることが出来るようになります。

 

 

例えば、ボールがネットの上側に当たった場合は、下に落ちてくるので、真下で構えるようにすると良いですし、逆にネットの下のほうなら、すぐ下に落ちないで上に跳ね上がる感じになるので、ネットから一歩離れたところで構えておくとやりやすくなります。

 

 

また、ボールがネットに当たる時の勢いも跳ね返りに影響してきます。ボールの勢いがある時は跳ね返りも強くなるので、少し離れて待ち構えるのが良いですし、逆に勢いが弱い時は、跳ね返りも弱くなるので、ネットの近くで待つようにします。

 

 

したがって、ネットプレーのコツは、ボールがネットのどの位置に当たったのか、また、当たる時の勢いで、ボールの跳ね返りをとっさに判断することです。
そして、ワンタッチボールは出来るだけ低い位置でアンダーハンドパスでとらえて、真上に高く上げて時間をかけるようにすることで、味方のスパイカーに強打の余裕が生まれてきます。

 

 

ただ、気をつけなければいけないのは、ボールがネットに当たった時点で、ワンタッチしたボールなのか、それともツータッチしたかを冷静に見極めなければいけません。

 

 

ワンタッチなら攻撃に繋ぐことが出来ますが、ツータッチなら相手コートに返さなければいけません。
とは言え、この時も慌てて敵コートに返すのではなく、出来れば山なりの高いボールを相手コートの後方に行くように返すようにします。
ボールが低いと相手にダイレクトスパイウされる恐れがあるからです。

 

 

これらの事を気をつけて、慌てないで処理することがネットプレーには大切で、前衛にいる時は常に心がけておくことが必要でしょう。

 

 

不明な点、練習法、お悩みなど、何でもご相談をお受け致します。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる