ブロックのジャンプと手の使い方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ブロックのジャンプと手の使い方

ブロックのジャンプと手の使い方が上手くできていますか?
ブロックは、一瞬で相手の攻撃を阻止できる効率のいいディフェンスですが、ジャンプのタイミングは、スパイカーに合わせるコミットと、トスに合わせるリードに大きく分けられます。

 

 

効果的なブロックは、どのタイミングでも高くジャンプして、確実にスパイクを跳ね返すことです。しっかり下半身のバネを使って跳び、両手でネット上で壁を作るイメージで両手を広げます。

 

 

ブロックの基本の構えは、ネットに面して向かい、肩より肘をやや高くして両手の指を広げ、両膝を軽く曲げてすぐに移動できるようにして構えます。

 

 

また、ブロックは威力のあるスパイクを手を使って跳ね返すので、突き指などの怪我をしないように指の開きや手の構えなどの手の使い方をマスターする必要があります。

 

 

両腕は肩から握りこぶし1個分ほど開いて構え、腕は顔より前に出します。こうすることで力が両腕に入りやすくなり、強いスパイクに対応できるようになります。

 

 

指は出来るだけ開いて外を向けるようにします。そうすることで早くボールを押さえ込むことが出来ます。手の構えは親指を中心に考え、親指を突出し、小指で押さえて中指の高い所に当てるというようにボールを包み込むように指先に力を入れて手に当てます。

 

 

この時に、当たったボールが下に跳ね返る角度に両手を伸ばして、ボールが手に当たった瞬間にボールに逆回転をつけるイメージで肘を締めるようにすると上手くいきやすいです。

 

 

そして、コミットブロックは一対一 で相手スパイカーに合わせてジャンプするので、タイミングを計りやすく、深く沈み込んで、床を強く蹴って高く跳ぶことが出来ます。
その為、クイック攻撃に対して使うことが多くなるでしょう。

 

 

やり方としては、スパイカーに合わせてブロックの位置に入り、良くスパイカーを見ながらジャンプのタイミングを合わせ、床を強く蹴って真上にジャンプします。
出来るだけ高く跳び、床に手のひらを向けるようにして、ボールを押し込むように大きく相手コート側に手を出します。(6人制のブロックはオーバーネットの反則をとられない)

 

 

一方、リードブロックは、相手セッターのトスに合わせてジャンプするので、それだけ跳ぶタイミングが難しく、大きく身体を沈みこませることが出来ないので、高く跳ぶことが出来ません。
その為、クイック攻撃などには対応しずらくなるので、2〜3人で広い範囲をカバーするのに適していると言え、リスクを少しでも減らしたいなら高く跳ぶことを優先するのではなく、素早く移動してジャンプすることを心掛けましょう。

 

 

やり方としては、まずはトスとスパイカーを見てブロックの位置に入って構え、スパイカーに遅れないようにジャンプ体勢に早く入り、真上に上体を伸ばすようにジャンプし、ネット上へ出来るだけ手を高く伸ばしてブロックします。(相手コート側に手は入れません)

 

 

なお、ブロックはあるだけで圧迫感があり、スパイクの威力を弱める効果もあるので、構えの段階から勝負するという気持ちで行いましょう。

 

 

不明な点、練習法、お悩みなど、何でもご相談をお受け致します。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる