ジャンプサーブの打ち方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ジャンプサーブの打ち方

ジャンプサーブが上手く出来ますか?
バレーボールのサーブの中でも、フルパワーでネットぎりぎりを狙う為、難易度が高いですが、最近では中学生でも行う選手が増えているので、出来れば打ち方をマスターしておきたいサーブです。

 

 

ジャンプサーブは相手に反応する間を与えずに、一気にコートに突き刺さるように打つのが理想です。その為には可能な限り高い打点から、相手のコートめがけてネットすれすれのボールを全力で打ち込むようにする必要があります。

 

 

基本のジャンプサーブの打ち方は、エンドライン手前で踏み込み流れるように前に跳ぶようにします。このように前に向かって跳ぶことでボールを打つ力が強まります。

 

 

ですが、力任せで打ってしまうと、飛びすぎてコート内に入らないようになるので、手首から上を巻きつけるようにしてボールの上半分を打つてドライブ(前回転)をかけるようにすることで、ネットを越えてから急激に落下する球筋になります。

 

 

また、より強いドライブ回転をつけるなら、ボールを手のひらに乗せて下から上にこすりあげるように手首を使って、トスにも前回転をつけるようにすると、更にボールにしっかり回転がついて、ジャンプサーブの威力が増すようになります。

 

 

一連のジャンプサーブの打ち方の流れとしては、ボールを右手に乗せてトスの高さを確認してから、投げるのと同時に1歩目の左足を大きく踏み出し、次に2歩目の右足を大きく踏み込んで、ボールから目を離さないようにしてジャンプの体勢に入ります。

 

 

エンドライン手前で止まって重心を下げて、右足に体重を乗せ、両手を振り上げながら両足で踏み切って、前に高くジャンプし、空中で胸を反らして大きくバックスイングをします。この時に体を十分に反るようにすることでパワーとスピードが出るようになります。

 

 

そして、全体重をボールに乗せて、ネットすれすれにオープンスパイクと同じ要領で思いっきりスイングして打ち込みます。
ジャンプサーブで特に大切なのは、トスを安定させることです。そうすれば思い切ったスイングも出来るようになりますので、徹底的にトス練習をすると良いでしょう。

 

 

初心者から全国トップレベルの選手まで5,183人の指導実績!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる