バックトスのやり方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

バックトスのやり方

バックトスが上手く出来ますか?

 

 

バックトスは、セッターの人でも苦手は意識を持っている人も多いものですね。バックトスは真後ろの方向にトスする為、自分でボールの行方をすぐに確認できないので難しいと思われがちです。

 

 

ですが、練習で動きなどのコツを掴んでしまえば、肘の動きもぶれにくく一番安定感のあるトスとも言われています。
そして、実際に行う上で大切なのは、セットする動作の位置や姿勢、そして肘と手首の柔らかさで正確に上げられるようにします。

 

 

セットする動作の位置は、ボールを受け入れるように額の15〜20cmあたりでとらえるようにし、両手の指の人差し指と親指でひし形を作り、重心を使って上にボールをスーッと運ぶような感じで上げます。
肘を引いておいて、真上に肘を押し上げていき、親指で最後にボールを押し上げます。

 

 

あまりボールをとらえる位置が前すぎると、ワンテンポほどスパイカーの動きより遅れてしまうようになるので気をつけて下さい。

 

 

この時のボールをとらえる位置は、肘がうまくついていて、動きやすい状態が理想です。
そして、手首の柔らかさで方向づけし、左右の肘の位置は45度方向の角度で肩よりも少し上あたりになるようにすると上手くいきやすいです。

 

 

あくまで、手ではなく肘で方向づけするように意識をもって上げることが大切です。
また、上手く上がったかどうかは、右回りで振り返って確認するようにします。何故なら、左から振り返るとネットにボールがつきやすくなるからです。

 

 

なお、バックトスが上手く出来ない時は、試合を行う体育館などの天井や壁の模様や節目などのコートの特徴をあらかじめ把握しておき、それを利用して距離感知っておくと試合でもバックトスがやりやすくなります。

 

 

【東京バレーボールアカデミー監修】斎藤利さんの驚異のバレーボール上達法DVDでは、市販の本やDVDではありえない!御覧・実践になって不明な点、練習法、お悩みなど、メールにて90日間回数無制限でご相談することが出来ます。

上手く使えば、更にレベルアップすることが可能になります。

 

 

バレーボールのことなら何でもご相談下さい!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる