無回転サーブの打ち方 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

無回転サーブの打ち方

無回転サーブの打ち方をご存じですか?
無回転サーブは変化が大きく、相手はとても取りづらいサーブですね。

 

 

打ち方の基本としては、まず、体をサイドラインに向け、ネットに対して直角の体勢になり、フローターサーブのように無回転のボールを打つのが無回転(変化球)サーブです。

 

 

フローターサーブよりボールの飛ぶ速さや勢いがあり、コントロールとボールの変化を重視したサーブになります。
その為、全力でスイングはせず、低めにあげたトスを回転がつかないように注意し、正確にミートするようにします。

 

 

無回転サーブの打ち方は、ボールを持った手をネットに直角になるように頭上に上げて構えます。
そして、トスはボールを置くようなイメージで頭上に高く上げないようにし、体を左へ回転させばがらスイングを始めます。

 

 

そして、右肩から大きく腕を振りだし、右の肩の真上あたりでミートします。
この時に肘は高く真っ直ぐにスイングをします。(肘が曲がってしまうと、ボールに力が伝わらない為。)

 

 

最後に、ボールの回転を抑える為にフォロースルーはせずに、スイングは腕を振り抜かずに止めてボールを体で押すようにサーブをします。

 

 

また、手のひら全体で打つとボールに回転がかかりやすいので、手首をやや反らすようにして、手のひらの付け根で打つようにすると回転を抑えることが出来ます。
また、指は曲げて握るようにするのも良いです。

 

 

なお、打ち方を工夫をすれば微妙に変化をつけることも出来ます。
例えば、ボールの中心から少し下を打って逆回転を少しつけるとやや浮くようになりますし、ミートする瞬間に手を止めれば早く落ちるボールになったりします。

 

 

まずは、ボールの変化を確かめながら色々試してみると良いでしょう。

 

 

無回転サーブの打ち方のコツを伝授!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる