止められるブロック 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

止められるブロック

止められるブロックが上手く出来ていますか?
ブロックは、直接ポイントに繋がることが少ないですが、相手の攻撃を防ぎ、味方のレシーブを楽にすることが出来る大切なプレーですね。

 

 

ですが、ブロックは身長が高い方が有利だと思われがちですが、そうとも限りません。
例え女子チームでも、身長が低くても止められるブロックは出来ます。

 

 

女子でも身長が低くてもブロックを自信を持って出来るようになるには、基礎技術をしっかり身につけることが大切です。
そして、ブロックを成功するには、まず体幹をしっかり鍛え基礎体力を向上させることが必要になります。

 

 

ブロックは、おもに背筋と腹筋を使う技術になります。その為には体力が必要不可欠です。
また、ボールを怖がっていては止めることはできません。ブロックは止めに行くという気持ちがなければ上手くいきません。

 

 

そして、決してサボらないことが大切ですね。
もし、ブロックをサボってしまうと、後ろで構えるレシーブなどの約束事が上手く出来なくなります。

 

 

ブロックを成功させるポイントとしては、まずセッターを良く見ることです。
サーブレシーブからセッターがトスアップするまでしっかりみて、素早く察知することが必要です。
また、攻撃のパターンとか相手の癖などを憶えておくようにすると対処しやすくなります。

 

 

そして、サイドステップでスパイカーの前に移動し正対するようにします。踏み切る時にセンターブロッカーは、サイドの選手と足が平行になるようにし、ジャンプ時では、顎を引き腹筋と背筋を使いしっかり手を前に出すようにし、押さえつけるようにすると良いでしょう。
なお、小指と親指に力を入れるようにして両腕を前に出すようにすると良いです。

 

 

サイドの選手はセンター側の手は真っ直ぐ出し、アンテナ側は内側に入れます。
相手がアンテナ側の手より外側に打てばアウトになることが基準になります。

 

 

走リ寄ってくるセンターをサイドの選手は、しっかり止めてブロックが流れないようにします。
ブロックが揃わなくなるのは、センターのブロックが流れてしまうことがあるからです。

 

 

そして、相手のスパイクコースはセッターからのトスがネットから近ければ狭めることができ、シャットアウトしやすくなります。
ですが、逆にネットから離れている時は早く跳ぶと距離があるので、ブロックを相手に利用されてしまうのでゆっくり跳ぶようにしましょう。

 

 

メールサポートがあなたの上達を全面的にバックアップします!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる