レシーブ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

レシーブ

レシーブは、まず、「ボールを上げるんだ」という気持ちが大切ですね。
そして、ボールに対して準備が出来ているかです。

 

 

相手が何をしてくるか?チャンスボールが返ってくればその位置に入っているか、ブロック、打つ選手の癖など状況を含めて位置取りは出来ているか、直ぐに動ける状態かなどしっかり準備しておくことが必要です。

 

 

当然、準備には読みや勘など、様々な状況や経験を積んで生まれてくるものです。
ですので、練習をし試合の経験を増やすしていくしかありません。

 

 

そして、その日々の練習でも、ただ反復練習をするだけでなく、起こりうる状況を考えながら体で覚えておこなうことで上達します。

 

 

正面にボールがきた時の基本的なレシーブの仕方としては、構えは動きやすい体勢で、セッターなど常にボールを返す方向に視野に入れ、腕にボールが当たる時に足幅を広くして、横の来たボールに対しても自分の足幅の範囲内で捕れるようにします。

 

 

前後左右に動くにも安定する為にも、前後に両足を少しずらします。
そして、腕と太腿を平行になるように出します。
こうすることで、視線も自然と低くなってきます。

 

 

また、レシーブはボールが当たる面を広くするようにと良く言われますが、自分の組みやすいように組んで行う方が、変な力も入らず良いように思います。
そして、ビールに当たった時には手だけを持っていくのではなく、膝と腰を使ってしっかり押し出すようにすると良いでしょう。

 

 

レシーブが上手くセッターまで上がらない悩みも一気に解決!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる