ラウンドハウスサーブ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

ラウンドハウスサーブ

ラウンドハウスサーブは、高い位置から打つことができますね。
その為、角度はネットと平行に近いように、ぎりぎりを打ちこめるようにすると効果的です。
また、しっかりとコースを狙い、手の振りや止め具合で変化をつけるようにします。

 

 

ラウンドハウスサーブの基本のやり方は、まず、両足を肩幅より少し広いくらいにし、サーブを打つ時に体が安定する幅になるようにします。

 

 

つま先は、打つ方向に向け、体も同じように変えます。
そして、安定したサーブを打つには、同じ高さや位置で上げるようにすることが大切で、自分の立ち位置よりも多少前にトスを上げます。

 

 

初めは、高いトスだと、それだけボールがブレるので低いトスから練習をした方が良いでしょう。

 

 

そして、スムーズな重心移動が大切で、中心にあった重心をボールを少し前にトスを上げることで、前にある左足に重心を移動させ、その力でボールを打ちます。

 

 

手だけで打つのではなく、体全体の打つように意識し打つ手の一番高い位置から、ボールの中央叩きだします。
感覚的には、背伸びする感じで自分の最高点で打ち、ボールがネットに平行になるよな軌道になるように打ちます。

 

 

少年から社会人、ママさんまで、実践すれば飛躍的に上達するバレーボール上達DVD!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる