フローターサーブ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

フローターサーブ

唯一チームワークスポーツのバレーボールの中で、自分一人でプレーするのがサーブですね。
また、精神面が一番影響するのもサーブで、サーブミスが失点につながる為、練習は如何に試合と同じように緊張感を持って練習することができるかが重要です。

 

 

そして、体の重心を移動させて全身で打つフローターサーブがありますね。
フローターサーブで気をつけたいのは、まずトスを自分でしっかり上げることです。
トスは自分の利き腕の足元に落ちてくるようにします。右利きなら、右足の前に落ちてくるようにします。

 

 

バレー初心者は、あまり高く上げない方が打ちやすいのですが、目安としては30cmから50cm位で、特にまだ身体ができていない中学生や高校生は腕だけでなく体全体の動きを使い、前でボールを打つようにします。

 

 

腕だけで打つとボールに力も入らず、肩も痛めてしまう場合もあります。
重心は打つ前は後ろ足にかけ、トスを上げる動作の中で、腰をしっかり入れて前足に重心を移動させるイメージで行います。

 

 

そして、インパクトの時は体の軸が左右にぶれないようにボールを打ちます。
ボールを打つ手のひらは、少しすぼめるぐらいの感覚でボール中心をコンパクトに打つようにします。

 

 

始めは、ボールが遠くに飛ばなくてもいいので、最も自分の力の入れやすいポイントを掴むことです。
慣れてきたら徐々に力を入れて打つようにしましょう。

 

 

なお、練習方法としては、5,6メートル離れて壁に向かって身体のバランスや狙う場所を決めて練習すると良いでしょう。

 

 

少年から社会人、ママさんまで、実践すれば飛躍的に上達するバレーボール上達DVD!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる