トス 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

トス

トスは、レシーブで上がってきたボールをセッターがスパイカーにつなげるのがトスですね。

 

 

もちろん、セッターだけではなく、レシーブなど乱れた場合には、他の選手もトスを上げなくてはならない場面が多くあるので、全ての選手が身につけておかなければならない基本技術です。

 

 

そして、トスを上げるコツとしては、ネットに対して直角に肩がなるように固定します。
肩が動いてしまうと、体全体がぶれてしまう為、首から上だけでボールを追うようにするのがコツです。
これだけでも、正確にトスが上がる確率が高まります。

 

 

また、注意点としては、足元もネットと直角になるようにし、ネットから1メートルぐらい空いた立ち位置がセッターは良いでしょう。
あまりネットから近いと、レーシブしたボールが大きくなる恐れがあります。

 

 

まず、ネットと直角に立ち、軽く膝を曲げながら額の前あたりでボールをとらえ指と手首のばねを使い力強く押し出します。
トスには、その他にも、相手の裏をかくバックトスやサーブレシーブなどがセッターまで届かない場合に使う2段トスなどがあります。

 

 

トスは、バレーボールにおける基本技術ですので、正確にあげられるように練習をしコツを掴みましょう。

 

 

少年から社会人、ママさんまで、実践すれば飛躍的に上達するバレーボール上達DVD!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる