パス 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

パス

バレーボールの練習で初心者がまず最初に練習する基本技術がパスですね。
そして、パスのその先にあるのがトスです。

 

 

トスが上手く上げられる選手は、パスも上手な選手です。
その為、正確なパスがあげられるようになることはバレーボールが上達する為の基本になります。

 

 

そして、パスにもアンダーハンドとオーバーハンドパスがあります。
アンダーハンドパスは、最もバレーボールで良く使うものです。

 

 

腕でボールの勢いを吸収するように、脇をしめて肘を張り体の全面で両脇でレシーブ面を作りボールを返します。
両手の親指をつけて手のひらは重ねて包むようにし、あまり腰を落としすぎないようにします。

 

 

また、オーバーハンドパスは、セッターがトスを上げる際に良く使いますね。
これは、アンダーハンドに比べると、初心者の方には難しいように感じるかもしれませんが、バレーボールにおいて基本技術になりますので確実にマスター出来るようにする必要があります。

 

 

手の形は、ボールと同じ程度の幅で包むように丸い形にし、手の中に入ったと同時に腕と両膝のばねを使い押し出すようにします。
なお、ひじは開き過ぎないようにし、ボールが来る前に指を固定し両手の高さを揃えて形を作るようにしましょう。

 

 

オーバーハンドパス修得の練習法とは?アンダーハンドパスを特技にするには?

初心者でも短期間で上達する豊富な練習メニューを紹介してあるバレーボール上達DVD!!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる