後方からのボール トス 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

後方からのボールをトスでミスする

セッターで、体の後方からのボールをトスでミスしてしまうということはありませんか?
そもそもトスアップの基本は、ネットに対して肩のラインを直角にすること。

 

 

このようにすることで動作も安定し、前も後ろへのトスも正確にコントロール出来るようになれるんですね。
ですが、まだ技術が身についていないセッターほど、背後からのボールに対して身体を開いて構えてしまいがちです。

 

 

ボールの落ちてくるのに合わせて、体勢をレフト方向に回転させる動作は難しく、トスの精度が落ちてミスしやすいのです。
したがって、体の後方からくるボールに対しても、正面側からくる時と同じようにネットと肩のラインを直角にしたままの体勢を固定し、首だけを回して斜め後ろからくるボールの軌道を肩ごしに確認しましょう。

 

 

また、軌道を目で追う時にも、この体勢が乱れないようにし、首からの上の動作でとらえるようにして下さい。
練習方法としては、トスアップのポジションに立ち、後方の位置から頭上へボールを投げ、そのボールの軌道を確認して、正確にとらえてレストにトスアップします。

 

 

体の正面をレストに向けておくことで、後ろからのボールでも体勢を崩すことなくトスが出来ます。
しっかりおこなって、フォームの基本を体に覚え込ませましょう。

 

 

なお、球出しは実戦のサーブレシーブを想定してふわりとした緩いボールを頭上に投げましょう。
より試合に近い状況でおこなうことが練習の効果アップに繋がります。

 

 

バレーボールの上達や指導法でお困りの方は何でもご相談下さい。

良くある上手くいかない例とその対処法(練習法)も解説してあります。

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる