レシーブ 練習 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 コツ

MENU

レシーブを正確に返球する練習

レシーブがセッターに正確に返球出来ないということはありませんか?
実際にレシーブが上手くセッターまで上がらないという悩みは、バレーボールをやっている人からよく聞くことですね。

 

 

そもそも自分が狙っている目標やセッターに正確に返球出来ない原因として考えられるのは、ボールを操作しやすい体の中心線の膝や腰の位置でボールを捉えることが出来ていない為に、セッターに正確に返球が出来ないのです。

 

 

また、ボールをミートする両腕の面が返球方向にむかず、重心移動も伴っていないこともあるでしょう。
したがって、レシーブを正確に返球する練習としては、まずはボール操作がしやすい位置で処理できるように、正面から打たれたボールを左右の目標に返球する練習を繰り返し行うようにすると良いです。

 

 

この時には、目標に正対し、腕だけでボールを持っていこうとはせずに、必ず重心移動が伴うようにし、腕の面を目標に向くようにして行いましょう。
また、強打の場合や外側に飛来したボールを返球するには、目標に近い外側の足を前にして行うと、返球しやすくなります。(右の目標に返すなら左足前)

 

 

合わせて腰や肩も返球方向を向けるようにすれば、ボールと接地する腕の面も上げる方向に正しく向けられるようになります。
但し、真横の移動になったり、姿勢が後ろに傾くとそれが出来なくなるので注意しましょう。

 

 

更に、顎が上がったり、顔が逃げて横を向いたりすると視界から目標となるセッターが消えて、あて推量の返球になってしまいます。
その為、常にボールを通して目標やセッターを視野に入れてレシーブが出来るように、反復練習をしましょう。
この時には上目使いでボールを見るような感じで行うと良いでしょう。

 

 

レシーブが上手くセッターまで上がらない人へ

限られた時間で最大の効果を発揮する練習方法をお教えします。

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる