ツーアタック コツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習

MENU

ツーアタックのコツ

ツーアタックが上手く出来ますか?
ツーアタックはセッターがジャンプトスをするとみせかけて左手で打つスパイクで、それだけで効果的なテクニックですね。

 

 

何故なら、セッターが自らツーアタックでスパイクが打てれば、相手にマークされるので、それだけ敵ブロックも引きつけられトスも自由にあげやすくなるわけです。
その結果、攻撃のバリエーションも増え、チームの戦術の幅も広げることが出来るようになります。

 

 

その為、セッターはスパイクの技術も身につけましょう。
ただ、打つ時にレフトに体を向けていることから、コースはクロスに打ちやすいですが、ストレートでコースの打ち分けも出来るとい威力を増すことが出来ます。
そうすれば、例えブロックにつかれたとしても、コントロールで外せるようになるからです。

 

 

ただ、ストレートでスパイクは逆側の背中側になるので、それだけう打つのが難しく、コントロールもつけにくいものです。
そこで高くジャンプして空中で体をひねって、ネットに正対するようにして打つのが、ツーアックのコツです。

 

 

そのようにすれば、コースの幅も広がり、ストレートへ鋭くスパイクを打てるようになれます。
このように、1枚ブロックを外せるだけの打ち分けが出来るのが理想的でしょう。

 

 

この斎藤利さんの【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法DVDでは、オーバーやアンダーハンドのトスやパスが徹底的にマスター出来るようになるのはもちろん、スパイクが効率よく上達できるように練習順序についても解説してあります。

それに沿って行うことで、遠回りせずに最短でツーアタックなども決められるようになれるでしょう。

 

最短でスパイクが上達する練習の極意をお教えします!

 

【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる