平行トス 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

平行トスを安定して上げるには?

バレーボールで平行トスが上手く出来ますか?
セッターなら、レフトへの平行トスを安定して上げれるようにしておく必要があります。

 

 

ですが、初心者ならアタッカーまでの距離が長くなるので非常に難しく感じるものです。
これはトスとパスの違いのところでも述べましたが、直上トスが安定して上げれるようになったら、次は平行トスにチャレンジしていくと良いです。

 

 

しかし、どうしてもレフトへの平行トスがぶれて安定して上げることが出来ない人は、基本のパスを守りバネで飛ばすことを意識して、最後まで自分の腕を伸ばしてみましょう。

 

 

これはライフルとピストルを考えてみると分かると思いますが、銃身が長い分だけライフルの方が命中率が高くなり、これはトスも同じです。
ですが、腕が長いままではどこにトスを上げるのか相手に分かりやすいというデメリットがあります。

 

 

ただ、まずは自分のコートに安定したトスが上げれるようになることが先決です。
これは6人制はもちろんですが、特に9人制のママさんバレーでは、誰もが第二セッターの役割が出来るのが理想なので、満足に上がらないのに相手のことを考えても意味がありません。

 

 

良いトスが上げれるようになって、その次に相手ブロッカーとの駆け引きが出てきます。
その為、安定して上げれるようになってきたら、腕を短く遠くに飛ばせるように練習していきましょう。

 

 

効率よく上達出来る一番分かりやすい方法

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる