オーバーハンドレシーブのコツ

MENU

オーバーハンドレシーブのコツ

オーバーハンドレシーブが上手くできますか?
サーブや軽めのスパイクが、肩よりも上にきた時には、オーバーハンドレシーブでおでこの正面でとらえましょう。

 

 

特に指の力が強い選手だけではなく、ティグで後方に下るステップが苦手な選手は積極的に行って行くと良いですね。
素早くボールが落下する位置に入って、両手でボールの形を作り準備します。

 

 

そして、ボールをとらえる時には、腕が伸びきってしまっている状態では勢いを吸収することが出来ません。
その為、肘を軽く曲げて手首を固定し、ボールに手のひらを沿わせて勢いを止めるようにして、そのまま正面に上げる意識で弾きましょう。

 

 

更に、この時に顎があがってしまっていると、上体に力が入らずボールの勢いを上手く吸収出来なくなるので、顎を引いて上目使いでボールの軌道を追うようにすることも大切です。

 

 

また、構える時にはどちらかの足を前に出し、前足に重心を置き、ボールを送り出した後は、姿勢を真っ直ぐに保つようにするのがコツです。
そうすることで、ボールに力が伝わりセッターまでしっかり送ることが出来るようになれるでしょう。

 

 

なお、どのレシーブにおいても、どのコースへどんな球種の球がくるのか、相手チームを観察して予測することが重要です。
ボールの正面にしっかり入れる準備を整えておくことが、良いレシーブに繋がります。

 

 

見れば分かる!効率よく上達出来る一番分かりやすい方法

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる