アンダーハンドトス コツ 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習

MENU

アンダーハンドトスのコツ

低い位置からトスアップするアンダーハンドトスが上手く出来ますか?
基本はオーバーハンドですが、レシーブが乱れて低いボールがきた場面では、セッターはアンダーハンドでトスアップする必要が出てきます。

 

 

ですが、スパイクレシーブなどと同じようにやっても上手く上がらず、スパイカーが打てません。
そこで、すくいあげるようにして、出来るだけ回転させないようにふわりとしたタイミングを合わせやすい軌道で、高く上げるようにするのがアンダーハンドトスのコツです。

 

 

また、オーバハンドのように難しいプレーは出来ないので、コントロールする位置はネットの両端にあるアンテナの手前が良いです。
まずはしっかりあげてスパイクに繋げることを意識することです。

 

 

そんなアンダーハンドトスのやり方は、レシーブが上がったらボールの軌道を見て、低いようなら腕を下に構えます。
そして、素早く落下点に入り、アンダーハンドパスの体勢をとり、両腕で作った面で正確にとらえ、なるべく回転をかけないように、下半身を使って下から体勢を持ち上げるようなイメージで、ボールをすくうようにして高さを出しましょう。

 

 

特に9人制のママさんバレーなどは、誰もが第二セッターの役割が出来るようになることで攻撃の幅もグンと広がるので、全員がアンダーハンドトスが出来るようにしておきましょう。

 

 

体験参加者の93%が入会する人気スクールの斎藤利さんの【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法DVDでは、アンダーハンドのボールのを受ける面の作り方から、壁を使って体でボール押し出す感覚が身に付けられる練習方法、1人で出来るサーブカットのトレーニングなど、映像で分かりやすく体系立てて紹介してあり、初心者からでも短期間で効率よく上達出来ます。

 

アンダーハンドが徹底的にマスターできます!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる