オーバーハンドパス 遠くへ飛ばない 【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法 DVD 斎藤利 練習 コツ

MENU

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない

オーバーハンドパスが遠くへ飛ばないという悩みはありませんか?
特に小学生のジュニア選手や、ママさんなどのバレーボール初心者に多く見られますね。

 

 

そんなオーバーハンドパスが遠くへ飛ばない原因としては、構えからボールを打つまで前傾姿勢が維持できていないことが考えられます。
そうなると、腰と足のバネも十分に使うことが出来なくなるので、ボールが遠くに飛ばくなってしまうのです。

 

 

更に、重心が高くなって顎を突き出したような状態になってしまっても、全身のバネが上手くボールに伝わらず、上にあがっても遠くへは飛びません。
その為、パスをする瞬間に顎を引き締めることにより、肘のバネが生かされます

 

 

また、手首の使い方も大切で、ボールが来た時にしっかり手を引いた状態で手首を返すことです。
ですが、オーバーハンドパスが遠くへ飛ばない人は、ボールが来た時に手首を入れて返さないで、引いて弾いているだけの人が殆どです。

 

 

オーバーハンドパスで遠くにボールを飛ばすには、腕を伸ばす力と身体を前に動かす重心移動の力を使うようにすることがコツです。
分かりやすくいえば、バスケットボーrルの両手で前にパスをする時と同じ要領です。

 

 

この時には、手首を返しながら片足を踏み出して前に重心移動させながらパスを出しますよね。
そして、腕を伸ばしっぱなしてボールを送り出す軌道を長くすれば、オーバーハンドでボールを遠くに飛ばすことが出来るようになれます。

 

 

特にママさんや小学生などの力がない選手は、体の動かし方は重要になってきます。

 

 

この斎藤利さんの【東京バレーボールアカデミー監修】驚異のバレーボール上達法DVDでは、オーバーハンドパスの指や手首、体の使い方などのやり方のコツや、練習方法が映像で分かりやすく解説してあります。
しっかり見て取り組めば、短期間で効率よく上達出来るでしょう。

 

オーバーハンドパスやトスが徹底的にマスター出来ます!

 

驚異のバレーボール上達法の詳細を見てみる